2006年8月28日 (月曜日)

D80

25日NIKON D80の展示発表会が、六本木アカデミーヒルズ40
であつた、D80の知識はネットである程度得ているので、後は
現物を手にとって見るだけの興味しかなかつたが、六本木ヒ
ルズには一度いって見たかった

首都高速道路用賀から谷町に向かう途中渋谷を過ぎるとヒルズ
が左手に見えてくる、何時も車窓から眺めているだけだった。

40階まで直通のエレベーターがあつた、会場ではD80で三分間
モデル撮影が出来、内一枚だけ2Lでプリントサービスしていた
が、2Lプリントぐらいでは、発色その他何も分からない、
カメラのフィーリングに触れるぐらいだろう、

同じ階に広いスペースのカフェがあつた、片側総ガラスで見晴
らしが良い、コーヒー飲みながらちょっぴりヒルズ族の気分を味
わった。

東京メトロ比谷線六本木駅からは連絡されていて、このエスカレ
ータで上がるとヒルズに出る。   ↓               

A_2
          六本木ヒルズ 森タワー↓

B_1
    40階から新宿方面を望む  ↓

C

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日曜日)

あじさいと花菖蒲

朝食の後突然かみさんが公園のあじさいを見に行こうといった。
昨日写真を撮りに行ったばかりなのにと一瞬ためらったが後々の為
同行するする事にした。

北公園はこの時期花のエリアは大雑把に分けて三箇所ある、薔薇の
花壇、花菖蒲園、あじさい園ここが一番広い、昨日と同じ写真では
代わり映えしないのでソフトレンズ1本にしぼって出かける。

カメラ・CANON・20D・レンズ・CANON・EF・135mm、f 28・SOFTFOCUS

昨日と同じ自動スライドショウです。

あじさいと花菖蒲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土曜日)

北公園のあじさい

偶然我が家に流れていた夏木綾子の演歌あじさい雨情を聞いていたらなんと
なくあじさいの写真を撮りに行きたくなった。
近くにあじさいで有名な公園があり11・12日あじさい祭りを開催していたが行け
なかったのも影響している。

昨日の方が梅雨らしい雨模様であじさいと雨は花の中でも特に相性が良いのだ
がなぜか夏木綾子の演歌あじさい雨情を聞いたのは今日なのだ、梅雨の晴れ間
薄日も少し射して来た、あじさい撮るにはあまり良くない、小雨の中和服姿で右手
に和傘を差し左手は胸元にそおっと置きあじさいを見つめている姿を撮りたいと
夢想しているがまだ出会ったことがない。

とにかく出かけてみた、現実は想像通りのカメラマンだらけ二時間程の撮影で早々
に引き上げてきた。

今日撮影したあじさいの写真です自動スライドショーになってます。

相模原市北公園のあじさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金曜日)

デジカメ修理

倅に払い下げたキャノンD60シャッターが切れる音がしても幕が閉じたままになり
新宿キャノンサービスセンターに持参しました、受付ではこのクラスのシャツター
耐用回数は五万回が限度で、シャツター幕だけだと諸費用込みで一万五千円シャ
ッター関係そっくり交換だと九万円掛かるといわれました。

デジカメはフイルムカメラよりも数倍落とす頻度が高いので消耗が激しく其の分耐用
年数が短いと説明されました。言われれば其の通りですがなぜか釈然としません、
又、他メーカーもこのクラスは皆同じですと、対応された方の話ですがどう何でしょう、
デジカメの利点とばかり、ばんばん撮っていらない物は消し又撮るやり方は結果的に
一枚当りのコスト高に成るようです。

サイクルの短いこの世界シャツター耐用回数五万回でアウトに成ったら修理せず次機種
乗換えが賢明ですか、ならばシャッター数のカウンター表示を付ければ親切かなと思い
ますが、メーカーさん如何ですか、中古デジカメ買う人の指針になると思いますが、、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金曜日)

デジカメへの風当たり

時の流れに乗り遅れまいとブログを始めた。

長らく趣味として親しんできた写真機だがついにデジカメに趣旨がえをしてここ数年、
ランニングコストの安さや自家プリントの楽しみもありすっかりはまってしまったが、デジ
カメ派の台頭で所属する写真クラブが騒がしくなつてきた。

まあ,,邪魔者の消却、合成の容易さもありデジタルプリントに懐疑的に成ってくるのも
仕方がないと思うが、銀塩とデジカメお互いの良さを認め合って共存して行きたいもの
です、当写真クラブも今の所デジカメ派が少数で肩身の狭い思いをしている

| | コメント (0) | トラックバック (0)