« スキャナ | トップページ | 写真展 »

2006年2月20日 (月曜日)

相模川 野焼き

今月23日から26日まで開催する写友6人合同写真展に出品する為のプリントが
やっと終わった、テーマは(浅草ア・ラ・カルト)選んだ理由は青春時代のホームグ
ランドであり写真を撮り続けて来たからである。

サイズはA3ノビで15枚、たかが15枚とは言え選ぶのにだいぶ悩んだ、如何して
も同じような絵柄が重なる、これは被写体の嗜好が何時も同じで似たような方向に
しかカメラが向かないせいだと思う、自戒あるのみ。

1 2日に相模川堤防の野焼きがあるとの知らせが電話で届いた、野焼きは各地で行な
われているが、写真を撮りに行くのは始めである。

午後一時、消防車も待機する中、何箇所かで一斉に火が付けられ当日風も適当に吹
きあっとゆうまに燃え広がった、炎の塊を見ては右往左往、視点も定まらない内に終わ
ってしまった。

野焼きがあった堤防の長さは定かでは無いが500Mはあったと思うが40分位で燃尽
きてしまった、火付の人は何年ぶりかで最高の風が吹いたと話していたが最高の風と
は強くも無く弱くもない髪がなびく程度の風らしい。

撮った写真はご覧の通り炎の塊ばかりだが、燃え盛る炎の神秘的な魅力に魅せられて
畏怖まで感じた撮影だった。

      相模川 野焼き ←写真

|

« スキャナ | トップページ | 写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114476/8760722

この記事へのトラックバック一覧です: 相模川 野焼き:

« スキャナ | トップページ | 写真展 »