« 木馬館 | トップページ | スキャナ »

2006年1月31日 (火曜日)

一月 江ノ島 寒中神輿

一月も今日で終わる、この月は休日が多い割りにはカレンダー上では一番長く
感じる、現役時代から引退した今でもこの感じは変わらない。

三箇日寝正月で過ごして四日に初撮りがてら明治神宮に初参りに出かけた。
大鳥居をくぐって少し行くと右手に休憩所がある、そこでまずお清めの一杯を
頂いてからお参りをと思ったのが間違いの元で、冷え込みもかなり厳しかった
せいもあり、熱燗で3本飲んだら歩くのが億劫になり其のまま帰還。

翌5日今度は所を変えて湘南江の島神社に行った、ここのご神体は女神様だと
聞いていたので今年はちょっぴり、艶っぽい被写体にでも恵まれる様にお賽銭
百円ふんぱつして拝んできた、境内でおみくじを引いたら何年ぶりかで大吉が
出て願い事すべて叶うとある、しめしめ、幸先がよい。

十五日、江ノ島水族館行く、年間パスポートを購入してあるがまだ一回しか行
ってない、二回以上行かないと元が取れない、今日はホームページのカットに
使うため、火星人を連想するくらげ類を撮りにで出かけたが、着いてみると海
岸はカメラマンだらけ、寒中海の中で褌一丁の男達がお神輿を担いでいる。

これを見た瞬間水族館のことはスコンと忘れて裸神輿の撮影に夢中になってし
まった、毎度の事だが気が多く、良く言えば臨機応変、まあ移り気である。
終わってみなければ何を撮りに行ったのか分からない。

二十八日は初不動、仲間と高幡不動尊ダルマ市を撮りに行った、昼飯時食堂で
他支部の写友にぱったり出会いまあ一杯と言う事でこの日の撮影は終了、

二十九日横浜中華街春節祭を撮りに行くもあまりにも人出でが多く、なすすべ
も無く肉マン1個食べただけで引き上げて来た。

30.31日は今年の初仕事、アルバイトに精を出した

                                     江ノ島 裸神輿 ← 写真

|

« 木馬館 | トップページ | スキャナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114476/8440721

この記事へのトラックバック一覧です: 一月 江ノ島 寒中神輿:

« 木馬館 | トップページ | スキャナ »