« RX5500 | トップページ | 枯露柿の里 »

2005年11月16日 (水曜日)

モノクロ写真展

案内状に、こだわりのDIY黒白プリント展IX、このタイトルが示す通りの
(ぐるーぷTAK写真展)を新宿で待ち合わせ、三人の仲間と観に行った。
場所は千代田区、日本カメラ博物館に隣接しているJCII・クラブ25ギャ
ラリーである。出品者7名の内3名が女性だった。

フイルム現像は各自、自宅で済ませブリントはJCII・クラブ25内にある
レンタル暗室で(ファインアートフォトグラファー日本大学教授)指導の
もとで焼いていると話されていた。

平日初日のせいか入場者もまばらで受付の女性出品者の方とモノクロ
写真に関わる思い入れや苦労話プロセス等、話は尽きなかった。この
クラブはこれからの写真はデジタルに移行してゆくのは確実なので、
デジタルで出力したモノクロも意図した表現が出来れば従来のモノクロ
に拘らないと言う姿勢で、デジタルアレルギー写真クラブの長老連に
ぐるーぷTAKの爪の垢でも煎じて飲ませたいと思った。

帰りに喫茶店に入り、根強いモノクロ愛好者は今、エプソンpx5500プリ
ンターの出現で、今まで守ってきた聖地を侵されてゆく危機感Iにどう対処、
するのかデジタルプリントの今後はと話題は尽きない、趣味を共有するも
の同志至福の時間が過ぎていった。

|

« RX5500 | トップページ | 枯露柿の里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114476/7139447

この記事へのトラックバック一覧です: モノクロ写真展:

« RX5500 | トップページ | 枯露柿の里 »