« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月30日 (土曜日)

暑気あたり

今朝寝覚めが悪かった、頭が重い、食欲も無い、食前酒替わりに赤
ワイン飲んでも食欲が出無い、昨日行く予定だった江ノ島水族館で
潮風にでも当たれば少しは元気が出るかと出かけてみた。
ちょうど米軍のヘリコプターが不時着していて消防車が駆けつけて
くる最中だった。

子供の頃から海が好きで、将来の夢は商船の通信士になる事だった
が、終戦で望みは潰えた,水族館二階の手すりに寄りかかり海を見て
ると体調が戻った様な気がする。

晩飯は、無理してやっと半分ほどの量だった。暑気あたりかな、

u1u2u3u4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木曜日)

ソフト

5月28日エプソン品川アクアスタジアムでPhotoshop cs2
のセミナーに参加してから約2ヶ月、迷った末やっと購入に
踏み切った、アップグレード版である。

現在使用中のPhotoshop7,0でさえ全体の数パーセントしか
理解していないのに、cs2入れて頭脳の負担が益々重くなる
のか、逆に軽くなるのか、気になるところだ。
セミナー受講中室内の温度が快適で半分は寝ていたので説明
や解説は、夢うつつの中で朦朧としている。

アップグレードしたソフトだから、7,0よりも使い易く便利
になっているとは思うが、このユーザガイドは400ページも
あり、読み出すと素人には難解な言葉も多く、すぐ眠くなる
ので困ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月26日 (火曜日)

選別

我が家では、一昔前に流行った、亭主元気で留守がいいが、アウトドアー
志向もあり現在まで延々と続いている。
しかし今日は朝から雨が降ってる、それも台風絡みの風雨では出かける分
にも行かない、落ち着きの雨か、

去年初応募初入選した全日写連シニアフォトコンテストに今年も応募して
みょうと、ストックの中から5枚選ぶのに半日も掛かった。

画像の入ったCDをパソコンに入れ、モニターでビント、色彩、トリミング
等一枚づつ確認して行くから時間が掛かる。

この作業楽しみを通り越して苦痛になってくる。常日頃のチェックが必要
だとこの時は痛感するが、過ぎればすぐ忘れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月曜日)

夏祭り

相模原市最大の上溝夏祭りが23日,24日にあった、午後2時半から主道
路も歩行者天国になり大変な賑わいになった。

上溝夏祭りの撮影は三年ぶりになる、キャノンD20に17--85ズーム付き
Ⅰ台、軽装で出掛ける、オープニング鼓笛隊パレードの後、阿波踊りに
なり写真を撮りながら周りを見渡すと、馴染みの面々がカメラをかまえて
シャッターを切っている。

お祭りには日本の民族衣装、浴衣姿の若い女性がよく似合う、うちわ片手
にそぞろ歩く宵いの街は、夏の代表的な風物詩のひとつだ。

                         相模原観光協会、上溝夏祭り

k1k2k3k4k5k6k7k8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月22日 (金曜日)

暑中お見舞い

梅雨も明けました、いよいよ夏本番です。

     (暑中お見舞い) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木曜日)

デジカメの修理

新宿ニコンサービスセンターに14日電話で連絡取りながらD1Xの
持込が今日になった。

持ち込み時の状態は、モニター映らず、モニターカバーの交換、
各部点検(LPF清掃)、以上で見積りの詳細は、工科\14,400,部品代
\19,600,消費税\1,700 合計\35,700円である。

新宿まで出たついでに東京都河川フォトコンテストの展示場に寄る、
東京都に、これほどまでの河川があるとは思わなかった、もっとも
支流は其々名前が別なので名前もやたらに多い。

このコンテストは人気投票形式で強制では無いが来場者が三点
選ぶ事になっている、帰りに東京都全河川地図を貰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月19日 (火曜日)

プリント

明日は所属する写真クラフの例会日、持っていく写真が五時に
なってもまだ決まらない、出すのにも色々都合とゆうものが゜あり
迷う、提出枚数は何時も三枚と決めている。

一枚は、奈良井宿、二枚目浅草三社祭の各スナップ、三枚目
薬師寺の白蓮にようやく決まり、其のほか二枚追加して計五枚
午後六時頃から始めて、プリントアウトが八時を少し過ぎた。

あとは昨夜途中で寝てしまったDVD映画(女優マルキーズ)フランス、
イタリア、スイス、スペイン合作、の続きをオンザロック飲みながら
終わりまで観る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月18日 (月曜日)

コンテスト

四日程前に(五月八日こどもの国オール朝日フェスティバル)に
(新緑とモデル賞)入選の知らせがあった、二枚出した内の一枚
だが、もし間違えて入るとしたら、こちらだろうと思っていた本命
ではなかった。

モデル撮影会は機材の進歩と共に誰がどう撮ろうと綺麗に良く
撮れる、応募者全員が入選しても不思議ではない様な写真が集
まるだろう、入選は時の運か、くじに当たった様なものだと思う。

なによりもデジカメ、自家プリントで、名の通ったコンテストに入選
したことの方が意義があると思っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月17日 (日曜日)

中古カメラ市

13日--19日まで東京銀座松坂屋で第五回中古カメラ市か催しされている。
先日買ったマミヤプレスのロールホルダk型を探しに出かけた、中古市
には毎年欠かさず来ている、何しろカメラ暦は40年を越す、もう手元に
は無い当時使用したカメラを見ているだけで思い出が蘇る。
暑さと連休の狭間のせいか日曜日なのに客が少ない、今まではへしあい
押しあい人と人との隙間からからウインドウのカメラを覗いていたのが
嘘の様である、あまり空いているのも探しにくい、各ブースに客がちら
ほら、二、三回、会場を巡ってくると同じ店員と又視線が会い気が引ける、
探してたk型はあったが付属のマスクがないので自作する事にして買って
きた。
有楽町まで出て富士フォトサロンで開催中の全日写連主催、東京女性写
真クラブ12支部合同展を観る、主題が明確で見応えのある写真展だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土曜日)

薬師池ハス 2

今月1日、薬師池ハスの写真を様子見がてら撮り行ってから今日で
16日目、同じメンバーで再トライ、梅雨中休みの曇り日、軟らかい
光で絶好の撮影日和になった。

蓮田と梅雨のせいか、まるでサウナに入っているような、湿気と
暑さと汗で参いった。

ここ何年かは一斉に咲く事はなく、蕾みあり、花あり、花弁も散り
実に成っているのもある混然とした様子だそうです。

今日撮りたて薬師池のハス ←写真

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月15日 (金曜日)

タイムスリッブ

相模原市西部で名の通った写真店主催、第一回写真展が相模川清流
の里で13日から始まっている、久し振りの晴天でもあり気分転換も兼ね
て今日観に行ってきた、テーマが川と自由作品の二本立て、力作が揃っ
ていた。
風景写真が主のせいか四つ切では迫力に欠ける、せめて半切で見せて
ほしかった。

夏の相模川河原の草むらを久し振りで掻き分け歩いて見た、むんむん
するこの草いきれが、子供の頃にタイムスリッブしていく、玉網と虫籠
を持って走りまわって流した汗の匂いが草いきれ(草の茂みからくる熱気)
に郷愁となって繋っている。

あれから何十年経ったろうか、今は玉網の代わりにカメラで虫達を撮ってる。

            b3  今日カメラで捕まえた虫達 b5                     b
b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月14日 (木曜日)

カメラ

今まで来客はインターホンで声だけだったが最近モニターが付いたので
顔まで確認出来る様になった、午前十時過ぎチャイムが鳴り、モニターに
妙齢な美女が映っている、本人と確認は出来るのだが大分若く見える、
どうもこのモニター歳に大分鯖読むようだ。

友遠方より来る又楽しからずや、とは逆で近い所から来られたが共通の
話題もあり楽しいひと時を過ごした。

ニコンD1Xのモニターが撮影済み写真の確認が出来たり、出来なかったり
で、色々いじくり回したが治らず、新宿ニコン病院に入院の手続きを取り
にいく羽目になった。保険もきかず入院費は超高いし、下取りは超安い。
買い替えも考えているが愛着もあり全快したらまだ使うつもりでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月13日 (水曜日)

猫踊り祭り

函南町に夏になると猫踊り祭りがある、毎年8月第1土曜日と決まって
いたらしいが今年はずれている、7月16、17、18、連休の中日、17日だと
言う、この撮影に去年声が掛かったが都合がつかず、今年も誘われたが
アウト、人の常として3回誘われて3回断ればもう後は来ないのが普通だ、
三度目の正直ではないが来年は是非行きたいと思っている。
函南町猫踊り祭りは伊豆長岡の隣町、静岡県田方郡函南町丹那です。

ここから函南町猫踊りのメーク写真が見られるが発信元は不明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月12日 (火曜日)

1ヵ月を顧みて

写友に触発されて始めたブログ、二、三日の中抜けがあったが1ヵ月
よく続いたと自他共に驚いている。
家族全員が認める生来のあわて者、あわて者と書くと卑下している様
だが決してそうではない、たえず一つ先のことを考える先進的性質故
今しなければ成らない事よりも、先々と進んで行く時がある、これが誤
解を生み、あわて者とゆうレッテルが付いたと自分では解釈している。

この様な性質ゆえ、誤字変換ミス多分にあったと思いますが、適当に
解釈して読んで頂き、何時まで続くか分かりませんが、貴重なリピータ
の皆さん宜しくお願いします。

ブログ開設1ヵ月を顧みて言い訳の弁。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月曜日)

西芳寺(苔寺)

京都市内の世界文化遺産に登録されてる中の西芳寺(苔寺)の一連
の写真が届きました。一度は是非訪れたいお寺の一つです、写友
は拝観コースツアーだそうですが個人的に行く場合は予約制で、
往復はがきで事前申し込みが必要だと聞いています。
又、およそ30分、写経や読経を終えないと庭園には出してもらえな
いそうで、破格の拝観料(志穂料)でも有名です。

写真は10日程ご覧になれると思います。
読み込まれるまで少々時間がかかるようです。

翠に染まる苔寺の庭 ←写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日曜日)

下町七夕祭り

きのうはさすがに疲れた、今年は豪華絢爛な平塚七夕は敬遠して
小振りだが下町情緒の残る台東区下町七夕祭りに行って来た。
直に行くなら営団地下鉄銀座線田原町駅下車で合羽橋道具街通りを
行くのが一番近いが、七夕祭を催しているかっぱ橋通りとクロス
していて途中に出る、なにしろ一本道で枝のない七夕祭で飾り物も
その通りだけである。最初から観るなら浅草国際通りから、かっぱ
橋(本)通りに入らなければならない、国道四号線にぶつかる東上野
まで続いている、かなりの距離だ。

浅草寺境内では恒例のほおずき市もある、ここまで来てお賽銭の
一つも上げていかないと観音様に義理が悪い、神妙にお参りして
いく、今日のメインは下町七夕祭りだ、ほおずき市はさらりと流
して撮っていくつもりが人込みのせいもあり結構時間を使い昼時
になった。

仲見世裏手の小さな、すいている店を選んで入る、二人居た客もす
れ違いに出て行き誰もいなくなった、かなり年配のおばちゃん二人
がカウンターの中にいて注文を取っている、客のいないせいか話し
かけられ、戦後の浅草最盛期軽演劇の思い出話になり、大江美智子、
シミキン、森川信、の名が出てきて話が止まらない、時間だけが過
ぎていく。

アルコールも入り下町七夕祭りもどうでも良くなってきたが、せめ
て合羽橋道具街通りまで写真撮りながら辿り着き、銀座線田原町駅
から乗ろうと、重い足取りで歩き出したが、結局最後の東上野まで
来てしまいJR上野駅から帰ってきた。

とにかく疲れました。

ほおずき市と下町七夕祭り ←写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 8日 (金曜日)

朝顔

昨日入谷朝顔市から一時間半の間ぶら下げてきた朝顔の鉢、
洗濯物干す簡単な物以外何も無い殺風景なベランタ゜ーに置い
たら其れだけで潤いを感じる、a 今朝早々に三輪花を咲かせた。
部屋の中にはかなり大ぶりの十種類ぐらいの
造花が一束になって花瓶に入れ、サイドボード
の上に置いてある。
インテリア的な観点ではない、もう見飽きてい
るのだがただ捨てられないだけの事、
知人から何かのお祝いに頂だいた物で、
年数回訪ねてくるこの知人の為に飾ってある、
救いは手入れ一切不要、たまに埃を払うぐらいですむ、
造花に飽きが来るのは、いずれ散る花の命の無常観が無いせいか、

ベランタ゜ーに置いた生花第一号の朝顔の鉢、受け皿も無いの
でビニールバケツに入れてある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 7日 (木曜日)

入谷朝顔市

昨日から始まった平塚の七夕か、入谷朝顔市か、迷った末、やはり江戸っ子、
下町生まれの血が騒ぐのか朝顔市の方に強く引かれ行く事にした。

夕方五時からは大通りが歩行者天国になるので混雑も和らぐが、それまでは
狭い歩道の右側に店が並び、左側には宅配便の臨時受付もある、其の間を行
くので大変な混みよう、鬼子母神あたりまで満員電車に乗り合わせたような気分
になる。

鬼子母神の境内には沢山の鉢が並びゆっくり買えるのにわざわざ人込みの中
に分け入り売り子の威勢のいい掛け声を聞かないと買う気になれない。

五時の歩行者天国までは待てないので、売り子の中で一番可愛い子二人が居
た店で写真を撮らせて貰い一鉢買って帰ってきた。

i1i2i3i4i5

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水曜日)

整理整頓

長野県蓼科の写真で過去に撮ったものでいいから提供してほしいと
仲間から依頼があり今日一日ネガ探しに終始した。
頭の中ではあのカットとこのカットと鮮明に蘇るのに見つからない。

先日あまりにも撮りっぱなし乱雑さに我ながらあきれて整理整頓した
のが裏目に出た、何処にどう仕舞ったかがさっぱり分からなくなった。
無精者には乱雑に見えても其れなりのセオリーがある。
整理しなければ一発で見つけたものをと悔やまれる、場当たりの思い付
きだけでするものでは無いと、しみじみ反省する。

入谷朝顔市と平塚七夕が今日から始まった、出発地から見て場所的に
は正反対、右、左、の所にある、どちらを先に撮りに行こうか、
超次元の低いハムレットの心境で悩んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 5日 (火曜日)

七夕

朝、目が覚めるとカーテンが閉じているのに部屋が明るい。明るさの度合い
によって外の様子が分かる、今日は晴れだ。

今年で八回目になる相模原市古民家園で恒例の七夕かざりが行われている、
歳を取ると子供に帰るとよく言われるがその兆候の現れなのか、飾られた
竹竿に願い事を書いた短冊を吊るしに行こうと思っていた。

其れも最終日の七日と決めていたが今日はよく晴れている、今は梅雨時である。
七日に晴れるという保証は無い、出かける予定はあったが変更して、古民家園
に行った。

備え付けの色とりどりの短冊に願い事を書いて吊るせばいいようになっている。
欲張って3枚吊るしてきたが、願いは一つと言うからどれになるのだろうか。

何を書いたかは胸の中。

t1t2t3t4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月 4日 (月曜日)

ぼやき

最近日常生活においても何かにつけて楽な方へと体が流れていく、
2,3年前までは駅の乗り降りにもエスカレーターには乗らず階段
を昇り降りしていたが近頃無意識のうちにエスカレーターの方に
足が向く。

写真を撮る方向にもその様な傾向が見られるようになった、ほん
の少し前まで傑作撮るためには労苦を厭わず、むしろ風雨、風雪
をチャンスとばかり出かけて行ったが、今ではしょぼしょぼの雨
でも二の足を踏む。

昨今、安・近・短・で傑作が撮れないかと虫がいい事考えながら
カメラ担いでウロチョロしている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月 3日 (日曜日)

つぶやき

しとしと降る梅雨時特有の雨、周りも静かで雨音も家の中までは聞こえてこ
ない。
日曜日なのに珍しく雑務、予定、何も入っていない、電話も掛かってこない。
晴天なら先日買ったカメラ、マミヤプレスの試し撮りにでも出掛ける予定だ
ったが、今日はただソファーに横になり、取留めのない思いを巡らせながら
度の強い洋酒を飲むわけでもなく、ただ舐めながらてポォーとしている、
テレビを見る気もしない。

今日はヨドバシカメラ主催のモデル撮影会だと聞いていたがこの雨の中決行
したのか中止になったのか、昼寝の睡魔に襲われながら考えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 2日 (土曜日)

中判カメラ

デジカメにシフトして以来数年ぶりで従来のカメラを買った、しかも
2台、中判ブロニーフイルム使用のものだ。
今はデジカメオンリーで撮ってはいるが魂まで売り渡してはいない、
銀塩カメラで撮るブロセスには捨てがたい味がある、これを楽しむ
にはすべて手動のカメラが最適だと思う。

1台は仲間から譲り受けたPLAUBELproshift69Wこれは知る人ぞ知
る凄いカメラだ、レンズはシュナイダー社のスーパーアンギュロン
47mm f5,6が付いている、ブロニー判ワイド専用カメラだ。

もう1台のマミヤユニバーサルブレスはマミヤブレス中最終機種で
1969年発売されたモデル、セコール100mm F3,5付き、

2台とも製造中止になってからすでに30年前後経つが外観機構共
最良の状態を保つている。

デジカメに魂を売り渡していない証に、たまにはこの2台で撮ろをと
思う、2台共、6×9、120タイブで8枚撮り、さて何を撮ろうか。

k1 k2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金曜日)

薬師池の蓮

昨夜は不覚にも飲みすぎてブログの途中で寝込んでしまった。
写真仲間のS嬢に貰った年代物の焼酎三分の一程残っていたの
を空けてしまった、この焼酎ガーゼで濾過しながらコップに注
ぐ、これには其れなりの訳があるがひとまず置いて、思い出ま
では濾過しなかった、一口飲んでは思い出ボロボロ又一口飲ん
では思い出ボロロロロン、といったところで寝てしまった。

今日は写真仲間三人で薬師池の蓮を撮りに行く、結果は添付の
写真の通り半月ばかり早かった様だ、近場なので又出直す事に
して十時半頃引き上げて来た。
    
薬師池の蓮田 ←写真

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »